日本 NISSAN GT-Rニッサン GT- R

NISSAN GT-R

車両解説

R35型、4WD。エンジンは「匠」の称号を持つ横浜工場の職人が一人一台の手作業で組み立てる。
外国車を凌駕する動力性能、日本の技術が世界に誇るスーパーカー。
スピーカーの箱に隠れ、ダットサンの車名の由来である"脱兎の如く"GT-Rのような加速で映画のような密出国をし、"まさしく名前の如く"いなくなった元日産CEOカルロス・ゴーンの命により開発された。
実際ハリウッドで映画化の計画があるようだ。ゴーンは007かMr.ビーンか。
そういえば、ローワン・アトキンソンと顔も少し似ている。
ちなみにローワンはマクラーレンF1など宝石のような車を多数所有するコレクター、エンスージアスト。
人間だれでも善と悪、陰と陽がある。GT-Rはゴーンの光の部分、置きみやげか。 

年式
2009
生産国
日本
全長/全幅/全高
4,650mm / 1,895mm / 1,370mm
車両重量
1,730kg
エンジン
V6 DOHC 3,8L TWIN TURBO 6DCT
最高出力
485hp / 6,400rpm
最大トルク
60.0kgf·m / 3,200rpm
生産台数
-台
LANGUAGE