ドイツ Mercedes-Benz 300SL Coupeメルセデス ベンツ 300SL クーペ

Mercedes-Benz 300SL Coupe

車両解説

SLクラスの初代モデル。
市販車初のガルウィングドア、世界初のガソリン直噴エンジン。
当時日本国内では、力道山や石原裕次郎らが所有したと言われている。
2022年5月、RMサザビーズで182億円で落札された1955年式300SLR(2台のみ制作/レーシングプロトタイプ)の市販車。
生産台数1,400台。
当個体ライトグリーンメタリックは20台のみ。
ラッジホイール、オリジナルカラー、マッチングナンバー、ヴィンテージカーの王道。

年式
1955年
生産国
ドイツ
全長/全幅/全高
4,520mm / 1,790mm / 1,300mm
車両重量
1,295kg
エンジン
L6 SOHC 2,996cc 筒内直噴
最高出力
215hp / 5,800rpm
最大トルク
28kgf·m / 4,600rpm
生産台数
1,400台
LANGUAGE